もう我慢しない…親子の縁を切る方法

親子であっても仲がとても悪かったり

どう頑張っても修復することができないから

絶縁したいと考えている人は

決して少なくありません。

また、縁を切りたいけど

どう動いたらいいか分からない場合も

あると思います。

そこで、親子で縁を切るには

どのようにしたらいいのか?

ここでは主に子どもが親と

縁を切りたいと考えている場合について

まとめていきたいと思います。

こちらの記事も参考になります

親子で縁を切る方法

縁を切って前へ進もう

親子間で縁を切りたいと考えているという場合、

深い悩みを抱えている人が多いかと思います。

または自分だけじゃ抱えきれないほど

辛い日々を送っている人もいると思います。

そんな場合はたとえ親であっても

距離を置くべきです。

自分がどう行動したらこの先幸せになれるか、

きちんと考えてみることが大事です。

法的に縁を切ることは不可能!

結論から言うと

血縁関係がある場合、今の法律では

親子の縁を切ることはできないのです。

昔は親子の縁を切る

勘当の制度はあったみたいですが

現代では残念ながらありません。

血のつながった親子である以上、

戸籍の上では正式に縁は切れないんですね。

また、親の戸籍を抜けて自分1人の戸籍を作る

分籍という制度もありますが

分籍をしても親子の縁は切れないので

縁切りという意味ではあまり意味がないものだと

言えますね。

縁を切るにはどうすればいい?

ではどうしても縁を切りたいという場合は

どうすればいいのか。

血が繋がっている親子が縁を切ることは

法律ではどうしようもできないので

自分自身が疎遠になるように

行動を起こしていくしか方法はありません。

親元から自立していない場合は

自分で生活できるよう自立することが

先決です。

そして自立して親元から離れ、

会う事や連絡を取ったりせずにいれば

関係を断ち切ればそのうち縁は切れるでしょう。

その為、親と絶縁をするには

自分で生きていく力を

付けることが何より大事です。

なかなか縁が切れない場合

疎遠にしているけど

相手から電話などの連絡がきて困っている

おしかけてきて困るという場合もありますよね。

こんな場合は徹底的に

対処することが必要になります。

絶縁の旨を伝える

電話番号は変える

引っ越す

このくらい対策を徹底すればよっぽどでない限り

追ってはこないと思います。

親に対する扶養義務は絶対?

子どもと親にはお互い扶養義務が生じます。

疎遠にはなったけど

親が金銭的、身体的に支援が必要な場合って

子どもである自分が面倒を見なきゃいけないの?

と不安になりますよね。

役所などから介護や金銭の援助をしてほしいと

子どもに対して連絡がくることがあります。

この場合も自分自身に余裕がない場合は

拒否することができます。

自分の生活が第一優先なので

必ず支援しなきゃいけないという訳では

ないんですね。

親の借金はどうなるの??

親子で疎遠な場合でも

親が借金を残したまま亡くなった場合は

子どもが肩代わりする必要があるのか

心配です。

親に借金があれば亡くなった後

借金も相続対象になります。

ですが、これも相続放棄をすれば

代わりに借金を返さなくてもいいので

回避できます。

万が一このような状況に場合は

弁護士に相談するのが一番安心で確実です!

まとめ

法律的に親子の縁を切るのは不可能なので

縁を切る場合は

自分自身が疎遠にしていくしかないです。

また、扶養義務もありますがこれも

自分に余裕がない場合は免れます。

借金も相続放棄をすることで

親の借金を払わずに済みます。

ということで、法律的に縁を切ることは難しくても

自分自身の行動で縁を切ることができます。

親との関係が辛くてどうしても縁を切りたい人に

参考になれば幸いです。

悩みを解決する方法はきっとあります

↓ ↓ ↓ ↓